読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきちゃんどすの

その日その時に思ったことを書いておくためのブログです。

フルーツグラノーラで健康になろう

ほんのり甘くて手軽に食べられる女性に大人気のフルーツグラノーラ

バランスを欠いた食生活の改善手段の一つとして、積極的に摂りたいですね。

 

フルーツグラノーラとは

オーツ麦、玄米などの穀物を食べやすく細かくしたものに、シロップ(はちみつ、砂糖など)を混ぜ合わせ、オーブンで焼き上げたグラノーラに、ドライフルーツ(いちご、りんご、パパイヤ、レーズンなど)を混ぜ合わせたものをいいます。

 

栄養が簡単に摂れる

  1食分(約50g)のフルーツグラノーラには、バナナ4本分の食物繊維4.5gが含まれています。

食物繊維は現代人が不足しがちな栄養素の一つです。

昔に比べると、現代人の摂取量は20分の1程(13g前後)に落ちているようです。

 

 1日に必要な摂取量

  ・男性 19g

  ・女性 17g

 

 フルーツグラノーラであれば1食で、1日の約4分の1分が簡単に摂取できます。

 

 食物繊維が不足すると、腸内環境が悪化し、いろいろな病気にかかりやすくなります。

  ・便秘

  ・肥満

  ・糖尿病

  ・高血圧

  ・動脈硬化など

 

 食物繊維を積極的に摂ることにより、生活習慣病の予防としてはもちろんですが、肌荒れが改善され、美肌効果も期待できます。

  

  • 鉄分

 1食分(約50g)のフルーツグラノーラには、ほうれん草の10倍もの鉄5.0mgが含まれています。

 特に女性は不足しがちといわれています。

 

 1日に必要な摂取量

  ・男性 11.5g

  ・女性 13.5g

 

 フルーツグラノーラであれば1食で、1日の約4割が簡単に摂取できます。

1日に必要な摂取量をほうれん草で取ろうと思えば、女性で約50束が必要です。

 これを毎日続けるのは難しいですよね。

 

 鉄分が不足すると、体に酸素がめぐりにくくなるため酸素不足となり、めまい、息切れ、

疲れやすくなるという貧血の症状が現れます。また、朝起きるのが辛かったり、イライラすることも。意識して摂取するようにしましょう。

 

食べ方

1.そのまま食べる

2.牛乳をかける

3.ヨーグルトをかける

4.豆乳をかける

 

これらの食べ方がポピュラーのようです。

他には、フルーツグラノーラを食パンに乗せてトーストしたり、クッキー生地に混ぜて焼いたり、

いろいろアレンジをして楽しんでいる方もたくさんいらっしゃるようです。

 

slism.net

 

栄養バランスのとれた食事を1日3回摂ることは理想ですが、忙しい現代社会では、なかなか難しいことも多いです。こんな時は、フルーツグラノーラを利用してみてはいかがでしょうか。不足しがちな栄養素を簡単に補えます。何よりおいしいので、無理なく続けることができます。

バランスのとれた食事を摂って、体調を改善し、健康的な毎日を楽しくすごしましょう。