読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきちゃんどすの

その日その時に思ったことを書いておくためのブログです。

逆流性食道炎の症状と対策

逆流性食道炎とは、胃から食道へ胃酸が逆流する病気で、食後の胸やけが主な症状です。胃酸は、肉を溶かしてしまうほどの強い酸で胃と食道の間には、括約筋が有り、括約筋が横隔膜と協力して、蓋のような働きをしています。

 

 

食道と胃の関係

食べ物は、食道を通り胃へ流れ込み消化されますが、食道と胃の接続点に下部食道括約筋が有り配下に食道と胃を繋いでいる噴門と言う、蓋が有ります。通常食べ物は、食道より下部食道括約筋を通り噴門が空き胃へ流れ込み消化吸収され、一緒に入った空気だけが噴門が開き、外へゲップとなり排出されます。しかし何らかの原因により、下部食道括約筋のゆるみや、胃液の増加で噴門より食道へ胃酸が逆流し、食道に炎症を引き起こす事が逆流性食道炎です。

 

原因と症状

逆流性食道炎は、胃の中の食べ物が胃酸と混ざって噴門を逆流し食道へ流れ込む症状です。胃酸は強い酸性の為食道の壁面をただれさせ、潰瘍が出来る事もあり適切な治療が必要になります。高齢による食道の下部食道括約筋や噴門の機能低下が原因と指摘が有りますが、若い人にも同様の現象が現れています。

若者に起こる逆流性食道炎の原因に多いのは、便秘による腹圧が高まり、お腹が張る現象が起き、腸から胃への圧迫により、胃より食道へ胃酸が逆流する現象です。

脂肪分の多い食材を好んで食する人は、十二指腸よりコレシストキニンというホルモンが分泌され下部食道括約筋が緩んだり、胃酸が増える傾向があり、脂肪が消化するのに胃への負担がかかり逆流性食道炎が起こりやすくなります。

逆流性食道炎を放置すると、潰痬に進行したり、食道ガンのリスクが高まり又大腸がんのリスクも高まります。

 

治療法とセルフケア

治療は主に、飲み薬により胃酸の分泌を抑え、胃酸の中和、食道の粘膜改善・修復を行いますが生活改善では、食べ過ぎに注意し胃に極端な負担をかけない食材を選ぶ様に努め、酸味の強い食材は、控え、体重増加、肥満に注意し体重維持減量に努めましょう。

食生活で、油をオリーブオイルへ変更すると、逆流性食道炎が抑えられ、胸やけの症状が改善される結果が有りオリーブオイルは、消化に負担をかけず便秘解消効果もあると、優れた食材です。

 

逆流性食道炎が重症化により発生する症状

その一・バレット食道と食道がん

食道の粘膜が胃の粘膜に変化する疾病。逆流性食道炎の患者の30%~50%が発症している厄介な疾病です。

逆流性食道炎が進むと、食道の粘膜が「傷つき回復する」を繰り返す事により、食道の粘膜が胃酸を浴び続け、胃の粘膜と変化してしまう事です。パレット食道とは、逆流性食道炎より食道ガンへと変異する可能性が有る危険な疾病です。

 

その二・狭窄(きょうさく)と出血(吐血)

食道内壁に炎症・潰傷が発生し、食道の表面の皮膚が引きつり、食道内がデコボコ状態で間が狭くなり、食べ物の通りが悪くなり、飲み込み難くなったり、むせたりする現象が狭窄と言います。又、

胃から上がってきた胃酸が食道の内壁を荒らし、食道に炎症・潰傷が出来て出血となり、食道が傷つき荒れている可能性が高く吐血となる事が有ります。

 

逆流性食道炎の予防

肉や揚げ物の脂肪分の多い食材は、脂肪分を溶かそうとして大量の胃酸を分泌します。結果、胃酸が食道へ逆流し逆流性食道炎へと進行します。

肉や揚げ物の摂取を控え、胃酸の分泌を抑える事が出来る魚類・お刺身等和食を取る等バランスの良い食生活を心がけ、暴飲・飽食・早食も、悪影響があります。胃を刺激し胃酸量を増やす事になり胃から食道へ胃酸が逆流する要因を作ってしまいます。

 

ストレスによる逆流性食道炎を防ぐと共に診断できる医療機関

胃は、自律神経により支配されていますが、ストレスが溜まっている事により、交換神経が絶えず緊張し、少量の胃酸でも食道が過敏に反応し、胸やけの原因になる事が有ります。胃酸の量が多くなると、胃潰瘍慢性胃炎に掛かるリスクが高くなり、食道へ逆流し逆流性食道炎の原因となる可能性が高くなります。

ストレスをためない様な食生活を実施し、胃酸が収まらない時は、内科・消化器内科・胃腸科などに受診し早期な治療を実施したしましょう。

 

非びらん性胃食道逆流症

胸やけが原因で受診して、胃カメラにて診断しても食道内にびらん(皮膚表面の損傷)・潰瘍・出血が確認出来なくても、胃がもたれる、むかむかする、胃酸が食道に上がてくる現象がある等、患者の日常生活に支障をきたす疾病です。胃液が食道まで上がって来るのですが、胃液の濃度が低く、食道の粘膜に損傷を与えるほどのものでは無いので、胃カメラでは見落としがちです。逆流性食道炎か確認できない時、PHモニタリング(小型のPHセンサー付きカテーテルを鼻から挿入し、24時間携帯式の記憶装置に食道・胃のPHを連続測定する装置です。)が、有効とされています。

24時間PHを測定し、胃食道逆流の有無、濃度の測定。その他逆流因子や食道の運動機能の確認等、胃酸分泌抑制剤にて疾病が改善出来ない原因を解明する事が出来ます。

 

 

非びらん性胃食道逆流症・治療と予防法

腸の運動機能の改善になる消化管運動機能改善薬と胃液の分泌を抑える胃酸分泌抑制剤を使用します。食生活の改善が必要で、脂肪分の多い食べ物や刺激の多い食べ物を避ける・規則正しい食生活を心がける・就寝3時間前には、食べない。等心がける様にしましょう。

 

<参考HP>

http://www.kurokawa-iin.com/eso.htm
http://gerdrepo.jp/a01genin.html

http://nurse-riko.net/%E9%80%86%E6%B5%81%E6%80%A7%E9%A3%9F%E9%81%93%E7%82%8E%E3%81%AE%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%83%BB%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%81%A8%E6%B2%BB%E7%99%82%E6%B3%95/

http://www.hattori-clinic.com/remedy/gerd/

 

逆流性食道炎は、普段の食生活の見直しにて改善可能な疾患です。但し、潰瘍・食道がんのリスクも有り、毎日のストレスと食事のバランスを考え、体の不調を感じた時は早めに病院へ行き診察する事を進めます。