読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あきちゃんどすの

その日その時に思ったことを書いておくためのブログです。

コレステロールと血液の関係

検診時、コレステロール値が高いですね。とお医者さんより指摘受けた事ありませんか。コレステロールには、悪玉と善玉があり血液をサラサラに出来るのは、善玉コレステロールなので、うまく善玉を増やし、悪玉を減らす工夫を考え食生活の見直しをしましょう。

 

そもそもコレステロールっ何

コレステロールは体内に存在する脂肪の一つで血液・脳・脊髄・筋肉等に含まれ、約60%は肝臓、小腸などで作られ足りない分約40%は食べ物から摂取されます。コレステロールは脂肪膜の構成成分として存在し、脂肪内にウイルス等が侵入してくるのを防ぎ、脂肪内の物質が脂肪外へ出て行く事を防ぐ役目をします。

コレステロールは、強い細胞膜を作るのに必要な要素で、コレステロールが不足すると、細胞膜が弱まり、免疫力が低下する為になります。

 

コレステロールは何に使われ・どんな悪さをするの

コレステロールは、性ホルモンや副腎皮質ホルモンの原料となり、性ホルモンでは性機能に関わり、副腎皮質ホルモンでは炎症抑制・たんぱく質代謝・糖質代謝に関与し、副腎皮質ホルモンが不足すると、疲れやすい・食欲が無い等の症状が出やすくなります。

胆汁酸はコレステロールから合成され、脂肪の消化・吸収に使われ、肝臓にて吸収され胆汁酸に戻ります。よって一度働いた胆汁酸は肝臓に戻り、胆汁酸として再び働いているのです。

コレステロールは、繰り返し働いているので、多量に摂取すると使い切れず、血液中に出て中性脂肪と共に血液をドロドロにしていまい、血管を狭くし詰まらせる原因となります。

血液サラサラとする為に、食生活を見直し、糖分・脂肪の取り過ぎに注意し食生活の改善、体重の減少等出来る事から始めましょう。

 

善玉コレステロール・悪玉コレステロールって何

善玉コレステロールHDLコレステロール)・悪玉コレステロールLDLコレステロール)が有りこの二つのコレステロールは、全く違う働きか有り、動脈硬化と関係しております。

善玉コレステロール(HDLコレステロール)は、血液中の余ったコレステロールを清掃し血液をきれいな状態に戻して、余ったコレステロールを肝臓に持ち帰り動脈硬化を防ぐ重要な役目をしております。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)は、肝臓から体内の隅々までコレステロールを運ぶ重要な役目をしています。血液中のコレステロール値が高いと、コレステロールを運ぶ時、血管を詰まらせ動脈硬化を引き起こしてしまう事が有ります。これが悪玉と言われる理由です。

ただし、悪玉コレステロールは体内の隅々までコレステロールを運ぶので体の不調を抑える事が出来ていて、体の隅々までコレステロールを運ぶ事が出来ず、滞ると体の不調が起こる可能性が有ります。

 

超悪玉コレステロールって何

超悪玉コレストロール(LDL)は悪玉コレストロールより動脈硬化を引き起こす可能性が高く、悪玉コレストロールより粒子が小さく、血管内壁に入り込みやすく、血管を詰まらせてしまい肝臓に取り込まれにくく、何日も血管の中に泊まり血管にダメージを与えます

超悪玉コレストロール(LDL)は、肝臓が正常に働かない時に作られる為、対策として中性脂肪を減らす様脂質や糖質の摂取を減らし、体重を減らす食生活を心がける事が必要になります。

 

善玉コレストロール(HLD)を増やす方法

善玉コレステロールを増やす方法は、食べ方の見直し、食べ過ぎない・1日3食とる・食事の時間を規則的にする・よく噛んでゆっくり食べる・夜食べてから2時間は起きてる等食生活の改善。

体を動かし、適度な運動を持続し体重を抑える等、生活習慣の改善により善玉コレストロールを増やし、血液サラサラ生活を送りましょう

善玉コレステロール(HDLコレステロール)は血液中の余分なコレストロールを取り除いてくれる働きが有り、善玉コレステロール(HDLコレステロール)の数値は健康な人で40~80mg/dlと基準が有りますが、遺伝的に100mg/dl以上の人がいて「長寿症候群」と呼ばれ寿命が長いと認識されていますが、研究により動脈硬化を発症する可能性が有る事が分かって来ました。

善玉コレステロールの数値が高すぎる人も念の為検査を受ける事をお勧めします。

 

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の数値が高くなるリスク

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の数値が高くなると、動脈硬化のリスクが高くなるので、日ごろからの体重コントロールが必要になります。

肥満と隠れ肥満

肥満の時は脂肪が体につくと、脂肪の成分を元に中性脂肪が作られ、善玉コレステロール(HDLコレステロール)は減少し悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の数値が増加します。

標準体重でも内臓脂肪型肥満の可能性が有るので、検診をお勧めいたします。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が一度つくとなかなか減らす事が難しく、食事療法・運動療法を合わせ、規則的に行う事が悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を下げる近道になります。

 

中性脂肪コレステロール

体内には中性脂肪脂肪酸コレステロール・リン脂質等4種類の脂肪が有ります。

中性脂肪コレステロールはどちらも体内にあり、あまり増やしたくない脂肪ですが、どちらも生命を維持する事に不可欠な成分です。

中性脂肪は万一の時に蓄えられているエネルギーで通常、脂肪酸がエネルギーとして使われ、不足分を補う時に使用します。

コレステロールは全身に含まれている成分で、胆汁酸やホルモンの成分で、中性脂肪が増えると、悪玉コレステロールも一緒に増え、反対に体に良い善玉コレステロールが減少してしまいます。

善玉コレステロールを増やす為に食生活・運動等、常に心掛けましょう。

 

コレステロールとは

脂肪の一種で、細胞膜の材料になり、筋肉を作るホルモンを形成し、血管を強くする働きが有り、体に必要な役割をしています。

コレステロールの働きは、炎症や老化による血管壁の内皮細胞のすき間に入り、血管壁の中に異物が侵入する事を防ぎます。

コレストロールの働きが不足すると、血管壁に障害が起きやすく、ファーストフードや外食で味の濃い食事は脂質が高く、肝臓や腎臓の処理能力を衰えさせる可能性が有り、美味しいからと、食べ過ぎは注意が必要になり、肝臓の機能低下を引き起こし、血液中の総コレステロールの値が上昇し、動脈硬化等様々な病気の引き金となる可能性が有ります。

 

<参考>

【コレステロール】LDLを下げる! - コレステnet

美味しい物を美味しく沢山食べたい物ものですが、食べ過ぎと適度な運動を心がけ健康な食生活を送りましょう。